小学生のころは、英語を好きになることが大切です | シェネン先生の英語スクール Clever Koala English

長野市 丹波島/青木島/川中島エリアの英語スクール
“シェネン先生とオーストラリアの文化をとおして楽しく英語を学ぶ!”

ブログ

2022.06.01教室のこと

小学生のころは、英語を好きになることが大切です

小学生たのしい英語レッスン

 


こんにちは、シェネンです。


今日は、小学生のお子さんをお持ちの親御さんにお伝えしたいと思います。

 


私は、いつも思っていることがあります。それは、

 

「小学生の頃は、とにかく英語を嫌いにならないで欲しい。」です。

 

 

なぜ嫌いになるか?

恐らく「何を言っているのかわからない?」「なんで、そんなことをやらなければいけないのか?」と感じでいるのではないかと思います。

 


小学校でも英語の授業が始まり、英語に触れる機会が多くなります。

 

ネイティブの先生が授業をすることもあります。見た目も違い、言葉の通じない外国の方と一緒にいることに、不思議な気持ちでいるのではないでしょうか?

 


何についてもそうですが、一度、嫌いになってしまうと、直ぐに好きになることは難しいと思います。

そうならない為にも、まずは、「楽しい!」と思ってもらうことから始めなければいけません。

 

 


私もALTとして市内の小学校に通って授業をしているので、よくわかるのですが、
英語の授業をとても楽しみにしている子どもと、英語は嫌いだという子どもに分かれます。

 

 


楽しみにしている子どもたちは、すでに、英語教室に通っていたりして、どんどん自発的に学習していくのですが、嫌いになってしまった子どもたちにどうアプローチしたら良いか?です。

 

 


教科書を基に、文法や音読をする授業では、益々嫌になってしまうので、やはりゲーム感覚で取り組めると良いと思います。ゲームや踊り、クラフト制作などを行い、いかに、興味を持ってもらえるかレッスンの内容も工夫をしています。

 

 

 

 


また、上手にできたら「褒めてあげること」「認めてあげること」が重要です。
言葉に出して、“Good Job”と笑顔で伝えます。

 

すると、ニコニコと嬉しそうなしぐさをします。更には、自信につながります。

 


しばらくは、繰り返し、繰り返し、行っていきます。

 

 

成功体験を積み上げることで、自分はできると感じ、だんだん楽しさに変化していくことでしょう。

その為に、楽しく英語に触れる機会をたくさん作ってあげたいと考えています。

 

 

 

いずれにしても、世界共通語の英語は、できた方がよいです。世界が広がります。

 

語学の習得には時間がかかります。

 

親として出来ることは何か?と考えると、

子どもが興味を持ち始めたら、英語に触れる機会を作ってあげることぐらいでしょうか?

 

 

好きになるか、嫌いになるかは、その後でないとわかりません。

小学生のころは、とにかく英語を好きになってもらうことが大切です。

 

 

小学生の頃から、英語に触れる時間を持って、将来に役立てたいものです。

 

 

 

 

LINEで送る

シェネン先生の英語スクール Clever Koala English > ブログ > 教室のこと > 小学生のころは、英語を好きになることが大切です