長野市の英会話教室 シェネン先生のClever Koala English

ブログ

2020.03.16トピックス

オンライン英会話のメリット、デメリット

 

こんにちは、シェネンです。

 

新型コロナウイルスの感染防止の為、多くの企業でテレワークの導入が増えています。
すべての業種でテレワークとはいかないようですが、IT関連企業においては比較的容易に導入ができているようです。

 

世の中の流れがオンライン化へ進む中、英会話の業界でも、インターネットを利用したオンライン英会話の需要が伸びています。長野市の英会話教室でもオンラインレッスンをされているところがあります。

 

そこで、オンライン英会話はどうなんだろう?とお考え中の方に、オンライン英会話のメリット、デメリットについてお話ししたいと思います。

 

※あくまでも私の主観です
※すでにオンライン英会話を受講できる環境が整っていることを想定しています。

 

 

 

メリット1
隙間時間に英語に触れられる

 

 

仕事で英語を使う為ビジネス英会話を習いたい。または、今後の就職のために、英検、TOEICなどの資格対策をしたい。が、他の習い事や学校の部活、仕事が忙しくて、なかなか英語スクールや英会話教室に通うことができない方でも、ご自宅で、会社で、インターネット環境と、パソコン、タブレットなどの端末があれば気軽に英会話レッスンを受講することができます。

 

事前予約なしに、今から英会話しよう!ということも可能なサービス提供先もあります。英語などの語学は毎日コツコツ続けることが大切ですが、これなら、隙間時間を上手に使って英会話を実践することができます。

 

特に、ネイティブ講師と英語で話ができることもよい経験になると思います。

 

 

 

メリット2
レッスン料が安い

 

 

英会話教室に通うと、講師の人件費や諸経費がかかる為、1レッスン数千円というところも多いと思います。ましては、ネイティブ講師となると料金もぐーんと上がります。

 

 

しかし、一般的にオンライン英会話のサービスをみると、30分で数百円といったところです。
費用対効果が良いかどうかは、人それぞれに感じるところではありますが、コストを抑えられるという点では良いのではないでしょうか。

 

 

 

メリット3
いろいろな人と話せる

 

 

これは、ある程度、英会話ができる人ということになりますが、大手のオンライン英会話教室には多くの講師が在籍しており、国籍を問わず、いろいろな人とマンツーマンで話をすることができます。

 

 

その日に話したい内容で、講師の条件を検索して、レッスンごとに選ぶこともできるようです。これなら、毎日楽しく話ができることでしょう。

 

 

 

続いて、デメリットについて

 

 

 

デメリット1
こどもには向かない

 

 

オンライン英会話のサービスでは、だいたい1コマ30分というケースが多いようです。
大人からすると、「ちょっと短いかな?」と感じますが、幼児、小学生(低学年)では30分も集中していることは非常に難しいです。まして、オンラインとなると。

 

 

一度、やる気をなくしてしまうと、講師がその場にいてコントロールできるわけではないので、レッスンを修正することができず、レッスン時間が無駄になってしまうこともあります。

 

 

やはり、こども向け英会話は、講師がその場で、その時の状況に合わせて臨機応変に対応できた方がよいですね。

 

 

 

デメリット2
講師のあたり、はすれがある

 

 

講師の人数が多いのですが、レッスン希望時に手が空いている講師が割り振られるケースもあるようです。ですので、その時々によって講師のレベルが変わってきます。昨日はとても充実したレッスンができたが、こちらが望むレベルにない講師になったときは、今日はちょっと物足りなかったな。となってしまいます。

 

 

また、実際に目の前にいて、同じスペースを共有しているわけではなく、モニター越しでの対応になるので、どうしてもマニュアルに沿った、機械的なレッスンになってしまうこともあるようです。

 

 



 

便利な世の中になりました。簡単にネイティブの方と話ができる時代になりました。
これから、英会話を学びたいとお考えの皆さま、

 

実際に英会話スクールに通って、講師と直接コミュニケーションをとりながら学ぶのもよいですし、

 

時間の調整が難しい方は、まずは、ご自身に合ったオンライン英会話を見つけて、実際にお試しされるとよいと思います。

 

 


長野市の英会話教室 シェネン先生のClever Koala English > ブログ > トピックス > オンライン英会話のメリット、デメリット